ピンクゼリー

ピンクゼリーを通販で購入するなら、
最安値の販売店はこちらです。

 

女の子を産むならおすすめのピンクゼリー!
通販での購入方法や成分などまとめました。

 

ピンクゼリーを通販で買う時に最安値なのは?

ピンクゼリーを通販で買う時に最安値なのはどこでしょうか?

 

初めて産み分けをする人にぴったりの
ピンクゼリーは、どこの通販で買うのが最安値で一番お得なのかな?
と思っている人もいるかもしれません。

 

ピンクゼリーを通販で検討中のカップル

 

妊娠はいつするかわからず、なかなか妊娠できない場合、
何度も使わなければいけなくて費用が心配になりますよね。

 

そのため、あらかじめ最安値の通販で購入できる場所を
見つけておきたいところです。

 

通販といえば、Amazonや楽天など普段なじみの
インターネット通販サイトで購入したいと考えているかもしれません。

 

そこで今回はピンクゼリーのAmazon、楽天での
購入価格を調べてみました。

 

まずはAmazonです。
残念ながらピンクゼリーの取り扱いはありませんでした。
他の産み分け用品はAmazonでも取り扱いがありましたが、
ピンクゼリーはありませんでした。

 

間違った品物を購入しないように注意しましょう。

 

続いて楽天です。

 

こちらでも残念ながら
ピンクゼリーの販売は行われていませんでした。

 

普段、楽天を使っている、
あるいは楽天カードを持っているならショックかもしれませんね。

 

こちらにも類似品はあるので、購入時には注意しましょう。

 

ピンクゼリーは公式サイトでのみ販売

 

ピンクゼリーは現在、店舗などの販売はしていなく通販限定
通販も公式サイトのみで販売していると記載がありました。

 

ピンクゼリーは初めての人でも安心して簡単に使えるように
たくさんの工夫が施されています。

 

注射器は膣に挿入しやすい形を追求していますし、
ピストンも軽い力で押せるようになっています。

 

ピンクゼリー自体も国内生産されていて、成分も公開されていて安心できます。

 

人生の一大イベントの妊娠に関わる内容なので、
公式通販サイトで確実に購入するようにしましょう。

 

 

Menu []

 

 

ピンクゼリーを購入できる販売店は?薬局やドラッグストアでも買える?

ピンクゼリーを購入できる販売店はどこでしょう?

 

また、通販以外では薬局やドラッグストアでも購入できるのでしょうか?

 

ピンクゼリーは薬局などで買える?

 

普段インターネット通販をあまり利用していないなら、可能であればピンクゼリーもインターネット通販ではなく、ドラッグストアなどの店舗で購入したいかもしれませんね。

 

また、ドラッグストアなどの薬局に売っていれば、必要になった時や切らした時にすぐに購入できますよね。

 

インターネット通販による購入ですとどうしても注文してから届くまでに時間がかかります。

 

しかし、残念ながらピンクゼリーは2017年9月時点では薬局やドラッグストアなどの店舗では販売されていないので買えません。

 

これは公式サイトにも記載されています。

 

しかし、公式サイトにはお得なキャンペーンそろっているので公式サイトでの購入が結果としてお得になるでしょう。

 

通販で心配になるのは送料や手数料という方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、ピンクゼリーは2・3箱のまとめ買いキャンペーンを実施しています。まとめ買いキャンペーンで買うと本体価格が割引されるだけではなく、送料や代引き手数料も無料になります。

 

これは嬉しいポイントですね。3箱まとめ買いしたときは1本あたりの価格が1箱で買った時と比べて約200円も安くなります。

 

ピンクゼリーは公式サイトから購入

 

ピンクゼリーの使い方は?

ピンクゼリーの使い方はどんな感じでしょうか?

 

ピンクゼリーのような商品はどうしても性交時や性交の直前に使うので、スムーズに使えるかどうか簡単に扱えるかどうかも大切かと思われます。

 

ピンクゼリーの使い方

 

ピンクゼリーは使い方もとっても簡単なのでその点でもおすすめです。

 

まずは個包装を破りピストンを取り出します。ピストンにもキャップがついた状態ですのでキャップを取りましょう。

 

そして、ピストンを膣の5cmから8cm程度のところまで挿入します。ピストンは膣に挿入しやすいように丸みを帯びた形状になっているので初めて使う方でも安心して使えそうです。

 

挿入の恐怖感がないのは初めて使う方にも繰り返し使う方にとっても嬉しいですよね。

 

そして、挿入ができたらピストンを押し出し注入します。

 

注入が終わったらピストンを引き抜くだけ、ピンクゼリーの使い方はこれだけです。

 

産み分け用品の中には自分でジェルを温めてから使わなければいけないものもありますがピンクゼリーはその必要がないのですぐに使えます。

 

ピンクゼリーの使い方

 

個包装から取り出してすぐに使えるのでより衛生的でしょう。

 

使う時は立って挿入するのもいいですが、寝た状態で挿入するとリラックスできるのでおすすめです。

 

ピンクゼリーの成分について

ピンクゼリーの成分についてです。

 

ピンクゼリーは膣内に挿入して使うものですし、その後妊娠して赤ちゃんができるのを考えると含まれている原材料や赤ちゃんに影響がないかどうかは気になりますよね。

 

ピンクゼリーの全成分

 

ピンクゼリーは全成分がすべて公開されているので安心して使えるのでおすすめです。今回はピンクゼリーの原材料をご紹介します。

 

まずは精製水です。純粋な水で医療用機器の洗浄などにも使われる水です。

 

次はグリセリンです。保湿力を高める効果を持つので化粧水などに使われています。そのため、ご存知の方も多いかもしれませんね。保湿力を上げるものとしてはほかにヒアルロン酸ナトリウムも使用されています。

 

ヒドロキシエチルセルロースはジェルの粘度を上げるために使われています。天然由来の成分ですので安心です。

 

他には膣内環境を整えるために乳酸、品質を安定させるためにパラオキシ安息香酸メチル、エデト酸ナトリウムが使われています。どれも人体にとって安全です。

 

そして、ピンクゼリーは膣内のph値をコントロールすることが目的のものですが、ph値を調節して酸性にするためにはクエン酸ナトリウムが使われています。

 

ピンクゼリーの全成分を説明

 

ピンクゼリーって副作用はある?

ピンクゼリーって副作用はあるのでしょうか?

 

ピンクゼリーに副作用があるか不安

 

ピンクゼリーは女性の膣内に挿入して使うものです。そのため、使用時の副作用については気になるところですよね。

 

副作用があるとその後の妊娠生活も大丈夫なのかとためらってしまうかと思われます。

 

先ほどご紹介したようにピンクゼリーの原材料は安心できるもので人体にとって悪い影響が出るものはありませんでした。

 

そのため、ピンクゼリーで副作用が出ることはないでしょう。

 

ピンクゼリーで使われている原材料は医療関係の現場や化粧品などと同様肌に触れるものでも使われていますので安心して使えそうです。

 

実際に品質にはかなりこだわって製造されていますので、今まで使用時に問題があったという報告はないようです。

 

産婦人科医と共同開発をして、母体にとって安心で使いやすい製品をピンクゼリーは目指しています。また、同様品の中では珍しく管理医療機器認定商品に指定されています。

 

ピンクゼリーは管理医療機器認定商品に指定

 

このことからもピンクゼリーは副作用などがなく、安心して使用することができるといえるでしょう。

 

産婦人科医による産み分け指導でも積極的に使われているものですので、副作用の心配はせずに使いましょう。

 

 

ピンクゼリーで障害児が産まれる可能性は高くなる?

ピンクゼリーで障害児が産まれる可能性は高くなるのでしょうか?

 

ピンクゼリーの赤ちゃんへの影響

 

ピンクゼリーを使用した時や産み分けを実践した時に気になるのが母体への影響の他にもう一つあります。それが生まれてくる子供への影響です。

 

生まれてくる子供が障害児であるリスクが高まるのではピンクゼリーは使用するのをためらいますよね。

 

ピンクゼリーは全成分が公開されていてどれも人体にもともと存在していたり人体に影響がない成分を使用しています。そのため、母体だけでなく、生まれてくる赤ちゃんにも影響がないといえるでしょう。

 

そのため、ピンクゼリーを使用したからと言って障害児が生まれてしまうリスクが上がるというわけではありません

 

ただ、海外産などで成分がわからない場合などは人体に影響が全くでないとは言い切れません

 

実際に使う場合は、妊娠中や子供を産んだ後も影響が出ないようにピンクゼリーのように国産で品質に定評のある商品を使うのがおすすめです。

 

ピンクゼリーは安心の国産

 

ピンクゼリーで男の子だった?

ピンクゼリーで男の子だった人もいるのでしょうか?

 

ピンクゼリーを使ったのに生まれてきた子供は男の子だったというのは産み分けを実践した方やしている方にとって残念なことかと思われます。

 

ピンクゼリーを使って男の子だった

 

100%の産み分け方法は現代の医学では発見されていないのが現状です。そのため、ピンクゼリーを使用した場合でも100%女の子が産まれるというわけではなく、中には男の子を出産する例もあるかと思われます。

 

産み分けについては100%というよりも何もしない状態よりも希望の性別を産む可能性を上げるという考え方で実践するといいでしょう。

 

ピンクゼリーを使用した場合でも女の子を妊娠する可能性を100%にすることは不可能ですが正しい使用方法をすることで可能性も上げることができます。この点は使用前によく理解しておくといいでしょう。

 

また、

  • カレンダーによる方法
  • 食べ物による方法
  • 性行為のタイミング

など他にできそうな方法も合わせて実践することでより精度を上げることができそうですね。

 

ピンクゼリーはタイミングを見て使う

 

ピンクゼリーとハローベビーガールはどちらが良い?

 

ピンクゼリーとハローベビーガールはどちらが良いのでしょうか?

 

ピンクゼリーとハローベビーガールはどちらが良い

 

ピンクゼリーをこれから使用するのでいくつかの商品を選んでいるという方も多いでしょう。なんとなく、値段や国産かどうかなどで決めるという方もいるのではないでしょうか。

 

その中でピンクゼリーとハローベビーガールのどちらがいいかお悩み中の方もいるかもしれませんね。

 

今回はどちらがよりおすすめなのか解説していきます。

 

まず、ピンクゼリーとハローベビーガールはどちらも産み分け用品ですが、ピンクゼリーは管理医療機器認定商品であり、ハローベビーガールは雑貨です。

 

この点は大きく違うので注意しておきましょう。

 

管理医療機器認定商品は厚生労働省が指定した第三者審査機関によって審査を受けた商品にのみ適用されます。

 

成分だけでなく、製造過程の品質管理も厳しく管理されているのでハローベビーガールよりもピンクゼリーの方が安心して使用することができるでしょう。

 

1本当たりの価格はピンクゼリーの方が若干高いですが、ピンクゼリーでもまとめ買いキャンペーンが行われているので購入時にまとめて買うことで1本当たりの価格を抑えることもできます。

 

妊娠や出産は一生に一度しかない大切なことですし、生まれてくる子にとってできるだけ安心できるものを使用したいですよね。

 

商品を通販で選ぶときには国産やどうかや値段だけに注目するのではなく、原材料や製造過程、管理医療機器認定商品に認定されているかなどを調べてより安心できるピンクゼリーを選ぶようにするといいでしょう。

 

ピンクゼリーがおすすめ