ピンクゼリー

ピンクゼリーをいつ使うのか、いつから使い始めるべきなのか調べてみました。

 

ピンクゼリーはいつ使うのがベストなの!?

ピンクゼリーはいつ使うんでしょう。

 

ピンクゼリーはいつ使うのか

 

いつ使うのかってすごい気になりますよね。

 

 

私も初めて産み分けする時はこれいつ使うの?って全然わかりませんでした。

 

 

もしいつ使うのかよくわかんないまま産み分けして、失敗したら洒落になりません。

 

林修もこう言うでしょう、「いつ使うの?」

 

 

実はいつ使うのかが最も重要!これ以外何もいらない、ってくらいに超重要なんです!

 

 

果たしていつ使うのがベストなんでしょう。

 

 

それはいつかというと、「排卵日の2日前」

 

性交するときいつ使うのかというと、挿入する前!

 

 

しかも、挿入したらできるだけ淡白に出してください。

 

女性が感じると膣内にアルカリ性の粘液が出てきて、女の子を産み分けるのが難しくなります。

 

 

いつ使うかで成功の確率が変わってきてしまうので要注意です。

 

更に詳しくいつ使うのかについて紹介していきます。

 

 

女性は自分の排卵日を確実に把握しておくようにしましょう。

 

 

今はアプリなどでも簡単に排卵日の予測ができるので、生理周期がある程度安定してるなら使ってみてください!

 

 

 

生理周期が不安定な女性は、産婦人科などで卵胞の大きさをチェックして排卵日を予測する方法がおすすめです。

 

 

それで生理周期が大体わかったら、X染色体とY染色体の寿命の違いを利用したタイミング法で2日前に性交します。

 

 

 

そのときにさらに、ジェルでpHによる生き残りやすさを利用すると産み分け確率を上げられます。

 

いつ使うかで悩んだら公式サイトから問い合わせてみると詳しく教えてくれました!

 

 

一番安い値段で手に入れられるのはどの通販ショップなんでしょうか
>>ピンクゼリーは楽天・Amazonが最安値なのか徹底調査してみた

 

 

 

 

ピンクゼリーはいつから存在してるの?

ピンクゼリーはいつからあるんでしょうか。

 

ピンクゼリーはいつから使われてる?

 

昔は産み分けなんて迷信みたいなところがありましたし、酸性アルカリ性なんてのもよく分かってなかったはず。

 

 

いつからこういう方法で産み分けできるって広まったんでしょうか。

 

 

産み分け自体がいつから行われていたかと言うと、日本だけでなく世界中でかなり昔から産み分けは行われていました。

 

古代ギリシャの時代から議論されてた話題なんだとか!?

 

 

でも科学的な産み分けができるようになったのはいつからなのかというと、1960年にアメリカの生理学者がX精子とY精子を発見したときからです。

 

 

このXとYで男女が分かれる事実がわかったのが、産み分けがいつからされているのかの起源と言われています。

 

 

しかし、産み分けなんて自然じゃない!と反対する人も多かったそうです。

 

でもいつからか日本でも産み分けできるクリニックがたくさん選べたり、あまり気にする人は居なくなってきてるようですね。

 

 

特にアメリカでは大きなスーパーなどで産み分けキットの販売がされてるんだとか!

 

 

いつからか医療の分野で遅れを取り始めた日本よりもかなり進んでいますね。

 

 

見習っていきたいです!