ピンクゼリーの失敗

ピンクゼリーで失敗した体験談を紹介していきます。

 

その影響やリスクも調査しました。

 

ピンクゼリーの失敗談を聞いてください

ピンクゼリーで失敗したくないってみんな思いますよね。

 

ピンクゼリーの失敗談

 

今回は実際に使った夫婦の失敗談を集めてみました。

 

失敗談1
私は産み分けに失敗してしまいました。
上の2人が男の子だったので次は女の子が良いねって二人で話し合って、産み分けをすることに。
産み分けに否定的じゃない産婦人科を選んで処方してもらいました。
排卵予定の2日前にあっさりとした性交をする、を1年毎月続けたのですが妊娠せず...。
あえて男の子の精子を減らすという方法なので妊娠確率自体が下がってしまいます。
そのうちあまり気にしなくなって性交するうちに妊娠発覚。
産婦人科で調べたら3人めの男の子決定でした!
失敗とは思わないけど、産み分けは失敗って言えるかな。

 

失敗談2
うちは金銭的に余裕が無いので子供は1人だけ、と決めていました。
夫と相談して女の子を産み分けすることに。
自分で買った産み分け商品を使ってみましたが、生まれてきたのは男の子でした。
女の子じゃなかったから失敗ですね〜〜

 

という失敗談がありました。

 

 

正しい使い方をした上での失敗もあるので、あくまで確率を上げる程度のもの、と思っておきましょう。

 

 

最安値は楽天・アマゾンじゃないって本当!?
>>ピンクゼリーは楽天やAmazonが最安値なのか調査してみた!

 

 

 

 

ピンクゼリーの影響!悪いことにはならない?

ピンクゼリーの影響にはどのようなものがあるんでしょうか。

 

ピンクゼリーの影響は

 

もし女性の体に悪影響があったりするなら絶対に使いたくないですよね。

 

 

影響について調べてみました。

 

 

するとこんな影響があることがわかったんです!

 

 

まず、男の子になる精子を殺すという影響があります。

 

酸性に弱いY染色体を持った精子の数を減らすことで、女の子を妊娠する可能性を高めてくれるんです。

 

 

これを悪影響とは呼べないかもしれませんね!

 

ほかにどんな影響があるのか調べてみましたが、これ以上は本当に見つかりませんでした。

 

 

成分には悪影響や副作用がある原材料などははいっていませんし、肌荒れやかゆみなどの影響もなかったです。

 

 

人によっては酸性のものに影響を受けやすい肌質の女性などは、一度パッチテストをして影響があるかどうか調べてみると良いでしょう。

 

 

ピンクゼリーのリスク!本当に大丈夫?

ピンクゼリーのリスクについて調査しました。

 

ピンクゼリーのリスクとは

 

果たしてどんなリスクがあるんでしょうか。

 

もし重大なリスクが有るなら絶対に使いたくはないですよね!

 

 

リスクについて調べてみたら、今の所なんのリスクもないということがわかりました!

 

 

精子の動きが弱まるから妊娠率が落ちるリスクが有る、なんていう口コミもありましたがこれは調査によって否定されています。

 

 

むしろジェルを使ったときのほうが精子の動きが活発になったそうです。

 

妊娠率が下がるリスクが有るというのは、酸性のpHのせいでY染色体の数が減るためだと言われています。

 

 

妊娠する確率が単純に半分になるリスクがあると考えられますが、その分産み分け失敗の確率は下がると言えるでしょうね!

 

 

産み分け失敗のリスクを取るのか、なかなか妊娠できないリスクを取るのかはゆっくり考える必要があります。